医師転職と年収の関係

医師転職と年収の関係

医師転職 年収

医師は、ほかの職種に比べるとかなり高収入な職業です。医師の平均年収は、働き盛りの40代前後でみると1100万になっています。

難易度の高い資格職である公認会計士や弁護士、税理士の40代の平均年収が700万前後であるため、医師の収入の高さがよくわかります。

しかし、その医師でも勤務する病院によってスキルや年齢、経験が同じでも収入に差がでることがあります。

そのため、勤務医のなかには、収入や待遇のアップのために転職活動を行う人も多いです。

ドクターでは、勤務医よりも開業医の方が、収入は高いですが、病院を設立するための資金には数千万円以上必要となってくるため、ある程度資金が貯まるまでは難しいです。

そのため、転職で収入を上げて、将来の開業資金を貯める人も多いです。

ドクター専門の求人を扱っている転職サイトや人材紹介会社では、さらなる収入アップが望める好条件の求人情報がありますので、求職活動を行う場合は、このようなサイトを利用するのがおすすめです。

企業医師 年収

企業医師へ転職して受け取れる給料
企業医師へ転職して受け取れる給料はしっかりと比較しておくことが大事です。

基本的にどのくらいの収入が期待できるのかは本当に就職先次第であり、会社の社員となるわけですからその会社の業績などによっても待遇は変わってくるものです。

選び方に失敗すれば、普通に病院で働いたり自分で開業する方が良い結果になることがあります。

とにかくしっかりと医師求人を比較していくことが大事なポイントです。

企業系の医師求人はインターネットから求人サイトを利用すれば様々な会社の募集を見つけることが出来ます。

また、人材紹介や転職エージェント等を活用していくことでも、自分にとって好ましい待遇の募集を紹介してもらうことが出来る為、こちらの方法も同時に活用していきたいものです。

企業系でもやはりどれだけ比較をしながら求人を探すのかが最大のポイントであり、しっかりと比較作業に力を入れていけば好ましい就職先を見つけやすくなるので頑張りましょう。

z06-corvette